88日

またなんていうことのないけむりん理論です。

けむりんは最近日々過ごす毎に考えることがあります。

『けむりんの歳の頃、けむ父はどんな暮らしをしていたんだろうか』
ということです。

こういう比較をするのは精神的に良くないと思うんですが、結婚も数年遅いですしそれに伴って息子の誕生もけむ父に比べて遅いんですよね。
まして今の暮らしぶりでは息子に兄弟を作ってやるようなこともほぼ不可能な状況。
仕事面でもずいぶん違います。
人づてに聞く話ばかりではありますが
『若い頃から目立った活躍をしていた』とか『常識を外れていた上司には遠慮なくぶつかっていた』など…

けむ母にはそれとなくこんな話を相談していますがいつも
「今で十分出来てるよ。孫も見せてもらえて親孝行だし。」
と繰り返されるばかりです。

父と同じ職を選んでしまったさだめなのかもしれませんが
遅咲きでもいいので
「おぉ、けむ父さんの息子さんか。立派なもんだ」
と言われたいし、そのことを
『自分でも納得』
したい。
定年までもう30年しかない。
果たしてどこまで伸び、どこで並び、一歩でも追い越すことが出来るときが来るのだろうか。
毎日のルーチンワークをしているとよく思う。
我ながら大きな枷を担いだもんだと思う。
でも、そんな風に思われる父親にけむりんは成りたい。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

いやいや、けむりんさんはご自分で思われている以上に、素晴らしい方だと思いますよ^^
お母様のおっしゃられるように、孫の顔も見せてあげられたし、ちゃんと仕事もしてるし、本当に『孝行息子』だと思います^^
自分は・・・家庭持てないし、定職就いてないし、借金あるし、かなりの親不孝者だな><

大佐(コメ返中にコメント来てワロタw

こういうのって結局上限のないものなんだろうと思うんですよねー。
どれだけ稼いで孝行しても親の死に目には泣いて後悔するんだろうと思いますし。
大佐はけむりんよりまだ若いんじゃなかったでしたっけ?これからですよ。
けむりんも結婚まではずいぶん親不孝でしたから。
プロフィール

けむりん

Author:けむりん
とあるだるい地方公務員
妻息子あり
◆Twitter◆

いらっしゃいませ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
14位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ